2007/10/30

gutのtailgut



tailgutはテールピースを楽器に留める非常に重要なパーツだ。
素材はいろいろあって、ワイヤーやナイロンロープなどで留めるのが一般的。
昔はgut、動物の腸をよじって紐にしたものを使っていたそうだ。弦もそうである。
今自分の楽器にはgutの銀巻の弦を使っているが、テールピースはワイヤーで留めてある。ここが切れると最悪楽器がばらばらになるので安全を見て丈夫なものを使っているのだが、このたび以前から興味があったので本物のgutのtailgutをつけてみようと思っている。アメリカのgut弦メーカーのGAMUT社からコントラバス用の5.2mmのtailgutとそれを留めるためのステッチングgutを取り寄せてみた。実際手に取ってみるとかなり太い。テールピースの穴も大きく広げる必要がある。
取り替えた後しばらくはチューニングが落ち着かないと思われるので、明日がライブのようなときには付け替えられない。今週末にでも作業してみるつもり。どんな感じになるか楽しみだ。

2007/10/26

Edgar Meyer

大好きなベーシスト、作曲家、edgar meyerのアルバム。


ベース、ピアノ、ギター、ガンバ、マンドリン......その他いろいろ...全部一人で演奏して多重録音で録っている。
非常に緻密に練られた曲にもテクニカルだけど聞き入ってしまう叙情性があって素晴らしい。
頭の中どうなってるんでしょうと思う。ipodにも入れてていつも聞いてる。

これも大のお気に入り。
バンジョー名手のbela fleckとのデュオアルバム。
ツアーでのライブ録音でdvdとセットになっていた。
ユーモアがところどころにちりばめられていて、高音域での超絶テクニックでもベースらしさがあふれていて、そこら辺が好きな理由かも知れない。

この人のcdはほとんど全部持ってるけどどのcdも音楽のアイデアと素晴らしいテクニックで何度も聞き返すことになる。まさに現代最高のベース奏者の一人と言えると思う。

2007/10/16

アンプ等々

エレクトリック関連
マイク
Schertler "DYN-B"

これはボディに貼り付けるタイプのダイナミックマイク。
マイクなんでアンプとつなぐケーブルは当然マイクケーブル(XLRケーブル)になる。
ダイナミックマイクなのでファンタム電源はいらないけどインピーダンスマッチングの為にプリアンプは必要
専用の粘土みたいので楽器に貼り付けるのだが貼る位置で音色が結構変わる。コネクター部分に位相を変えるスイッチが付いていてそれを操作してもちょっと音色も変わる。ピエゾ式ピックアップのように電気電気した音にならないのがよい。中低音が強く"抜け"の悪い音になりがちで使い方に改善の余地有。

プリアンプ
Schertler "PRE-AⅡ

つまみが5つだけのシンプルなプリアンプ 電源をコンセントからわざわざとらないといけないのがちょっと面倒。GainとVolumeのほかはbassとtrebleとresonance。中域が欲しいときはbassとtrebleを両方ともグイッと落とす。resonanceは正直使い方がいまいちよくわからない。「180hz付近の特定の周波数をカットする」ということらしい。

アンプ
Schertler "SIDE"

8インチウーファーに150w + 1インチツィーターに35wと二つのパワーアンプでドライブするバイアンプ方式、トータル180w。
これはアンプというよりかパワードスピーカー。小っさいのに低音域がすごくよく出る、しかも歪まない。なおかつ小型軽量(10kgくらい..?)

2007/10/15

魂柱


エンドピンを抜いた穴から覗いたベース内部、右の柱が魂柱

魂の柱と書いてコンチュウとはよく言ったものだ。
弦の張力を支えるのと同時に表板の振動を裏板に伝える役目を担っている。これなしに弦を張ると楽器の表板は壊れてしまう。立てる位置、角度、向きで音が大きく変わる。一応基本的な立て方のセオリーはあるけど、セオリー通りに行かないし音の好みもある。
駒を調整したりテールピースをいじったり、弦を変えたりするごとに微調整が必要。
これが結構めんどくさい作業で、弦を全部はずしてエンドピン抜いて、穴からのぞいてまっすぐ立ってるかどうか確認したり、f字穴から鏡を差し込んで接点を確認したり、弦を張って試し弾きしてみて、思うような音色にならなかったらまた弦をはずして......と、低音弦が鳴るようになったら高音弦側がしょぼくなったり、その反対も..、どのあたりで音のバランスをとるかは難しいし、結構時間と労力がかかる。ので頻繁にはやらない。
今回は駒を少し薄く削ったので調整した。弓への反応が早くなったのと音量もちょっと大きくなったように思う。

2007/10/03

10月のスケジュール

10/5(金)奈良 guilty 21:00~
altsax 藤原健壱 piano 阪田敦子 

10/12(金)宝塚back stage 19:30~
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baabv204/backstage.htm
vo:Yoko tromborn:五島健史 piano:大内玲子 drums:中島要 

10/20(土)梅田 paggey club 19:45~
http://www.h2.dion.ne.jp/~paggey/paggey-club.htm
vocal:松浦美由紀 guiter:中野秀行

10/27(土)堺 House Of Jazz

altsax:藤原健壱 guiter:酒井広隆 drums:河原達人

10/31(水)梅田 paggey club 19:45~
http://www.h2.dion.ne.jp/~paggey/paggey-club.htm
vocal:松浦美由紀 piano:河原志信 drums:山田さゆり